監督は、アリ・アスター監督です。 『The Strange Thing About the Johnsons』、『Munchausen』、『Basically』など短編を脚本・監督し、2018年に長編初監督作品『ヘレディタリー/継承』を担当しました。 同作はサンダンス映画祭で上映された他、サターン賞新進監督賞受賞や多数の映画賞へのノミ … アリ・アスターは 「家族」いうテーマに取り憑かれてきた映画監督だ。 サンタフェ大学を経て、2010年にアメリカ映画研究所に入学。修士制作として2011年に発表した短編「ジョンソン家の奇妙な出来事」(The Strange Thing About the Johnsons )で注目を浴びる。

アリ・アスター監督の長編デビュー作『ヘレディタリー/継承』(18)でも撮影監督を担当。ヴァラエティ誌は同作での彼の撮影を「幻想的な映像美で見事にキャリアアップした」と評し、2018年のno.1ショットに選んだ。 アリ・アスター(Wikipedia)という人は、とにかく子供の頃からホラーが好きだったらしく、ビデオショップにあるホラーを片っ端から観まくり、自分でも撮りたくてたまらなくて、そのまま現在に至る、まさしくホラー映画の監督になるべく生まれてき

アリ・アスター作品における“絶望の叫び”の意味 「アアアアアアアアアアアアアアア」。 アリ・アスターの作品からは、他のどんなスリラー映画やホラー映画の叫び声とも違う、同じ音階のまま異様に長く引き伸ばされた、この世のものとは思えないような絶望の叫びが聞こえてくる。 Ari Aster アリ・アスター. アリ・アスター 1986年生まれ、米ニューヨーク出身。 父子の性的虐待を題材にした『The Strange Thing About the Johnsons』(原題)、息子を溺愛する母親の狂気を描いた『Munchausen』(原題)などの短編で注目を集める。

アリ・アスターはニューヨークで生まれた。彼の両親はユダヤ系の詩人であり、弟がいる [1] [2]。1990年、4歳のアスターは『ディック・トレイシー』を見に行った。アスターにとって、それが初めての映画体験となった。登場人物が炎の描かれた

1986年生まれ、アメリカ・ニューヨーク州ニューヨーク出身。 アメリカン・フィルム・インスティチュートの美術修士号を取得。