まっすぐ伸びる幹とハートの葉が可愛く、育てやすさも人気の観葉植物「ウンベラータ」。挿し木で増やすことができますが、挿し木の前に必要な作業が「剪定」です。剪定は、‟成長点を見極める”などのコツが必要です。ウンベラータの剪定方法についてまとめました。 フィカス・ウンベラータの写真: フィカス・ウンベラータ2: フィカス・ウンベラータは熱帯アフリカ原産の常緑樹です。葉の形はハート型をしてとても大きく、長さ30cmぐらい、幅が20cmぐらいになり、葉が増えるとボリュームのある姿になります。 ウンベラータは寒さに弱い植物なので、 鉢植えで育てる のがおすすめです。 耐寒気温が5℃ほどなので、寒い冬の日は外に出さずに管理したほうが良いでしょう。 ウンベラータは人気があって一生懸命挿し木を育てたいと思っている人たちも多くいます。葉っぱや発根の成長スピードで育成の失敗をする場合もあります。ウンベラータの挿し木の問題はコツさえわかれば結構簡単に成長させることができるんです。そんなテクニックをご紹介します! フィカス・ウンベラータ、我が家では最低3℃くらいの場所で越冬させています。 この条件だと冬の間は葉が付いていることが多いのですが、2~3月くらいにすべて落葉することもあります(これくらいの気温では寒さのために枯死することはありません)。 冬にウンベラータの葉が全部ハラハラ落ちてしまい、枯らした・・・とショックでしたがなんと5月の暖かいある日、新芽が生えてきました。茎が生きてそうならまだ生きているみたいですよ! ウンベラータといえば観葉植物として飾る人も多いですが剪定の仕方や肥料はどのくらいのペースであげたらいいのかわからないという方も多いと思います。今回はそのようなウンベラータの挿し木のおすすめ時期や肥料、剪定の仕方、成長スピードなどについてご紹介していきます。 ウンベラータの曲げ方を徹底解説! 幹や枝を自由自在に曲げる方法とは? 観葉植物の中でも、ひと際存在感のあるウンベラータはお店だけではなく個人の自宅用にも人気があります。 ウンベラータの花言葉は『すこやか』『永久の幸せ』『 […] 冬の時期は、ウンベラータをできるだけ気温の高い場所に移動させましょう。冬の間は日が沈むとともに窓際は気温が下がってしまいますので、離して管理しましょう。 フィカス・ウンベラータの水やり フィカス・ウンベラータは比較的耐陰性があり、 室内の光でも育てられます。 そのため、インテリアとしても取り入れやすいウンベラータですが、 冬は室内に届く光の量も少なく、やはり日照不足になりが … 今回はウンベラータ3鉢増やしてみました。他にエバーフレッシュとパキラの挿し木も映ってます。笑 パキラも水差しで根っこが出てくるので同じ方法で増やせますが、エバーフレッシュは最初から土に挿さないと成功しません!しかも成功率は50%ぐらい。 ウンベラータは挿し木によって増やすことができます。 挿し木に適した時期は5~6月か10月です。 挿し木にする枝を親木から採る必要がありますが、先端の葉が2枚くらいついた1~2節くらいの枝を切ります。 フィカス・ウンベラータは熱帯アフリカが原産の葉がハート形をした人気の観葉植物です。原産地では10mほどの高さになる常緑中高木ですが、日本で観葉植物として室内で育てられているフィカス・ウンベラータは50cm~1.5mほどのものが一般的になっています。 フィカス・ウンベラータの置き場所. 大きなハート型の葉っぱが特徴的な「ウンベラータ」。すこやか・永久の幸せ・夫婦愛などの花言葉があります。挿し木でも育てられる人気の観葉植物です。ウンベラータの挿し木の発根のさせ方、挿し木苗の元気がないときの対処法、失敗しない栽培方法についてまとめました。 ウンベラータの基本の育て方.