エクセルの maxifs 関数の使い方を紹介します。maxifs 関数は複数の条件に一致するセルの最大値を取得します。分類や数値の大小、日付などを条件にして最大値を取得したいときに使用します。

VLOOKUP関数で検索条件と一致したデータを取り出すことができますが、一致するデータが複数あるときには先頭だけしか取り出せません。

エクセルを使用中、各項目が「条件を満たしているか、満たしていないか」の区別をする機会があると思います。「if関数」を使えば、自動で条件適合の有無を判断するので便利です。なお、条件が複数ある場合にも同じく「if関数」を使うことができます。

エクセルの IF 関数の使い方を紹介します。IF 関数は条件により処理を分けます。セルの値が空白なら何もしない、値が入っているときに計算したいときに使用します。IF 関数を入れ子にして複数条件に対応できます。
表の中から、ある一つの条件に合うセルの個数を数える時は、sumif関数を使うのが一般的です。ところが、条件が複数あり、その両方に合うセルを数えたい場合は、一気に難易度が 上がってしまいます。 そのような場合は、sumproduct関数を使いましょう。 dmax関数で、30歳以下で、女性という複数の条件で、データから最大値を抽出したところ、78.0という数値が表示されました。 上図のように、検索する数値の範囲を指定するには、>=30のように、条件に不等号記号と数値を入力します。

次の例では、サウスregion (列 a) での肉の売上 (列 C) の合計が必要になります。 次の数式を使用して、acomplish を行うことができます。

Excel(エクセル)2016で追加された新関数「IFS」(イフ・エス)の引数や使用例、活用のポイントを解説します。IFS関数は複数の条件を順に調べた結果に応じて異なる値を返すため、従来のIF関数のネストを1つの関数で表せ 同様に値の変化を確認しておきましょう。 次は、条件が「a-bが正数」の場合です。つまり、a>bでなおかつ正数(0より大きい)の場合ですが、ややこしく考える必要はありません。単純に「a-b>0」とすればよいのです。 つまり、論理式は「a6-b6>0」となります。

インデックスには、値を返す行番号5と入力。 並び替え順序には、検索条件のIDが昇順ではないので0と入力し「OK」。 ※オートフィルを利用するため、配列の部分は絶対参照としました。 ※絶対参照への変換は「F4」ボタン。 結果 エクセル関数の技 » 関数で複数データを取り出す. 特定の地域での製品売上の合計など、複数の条件で値を合計する必要があるとします。 これは、数式でSUMIFS 関数を使用する場合に適しています。.

関数で複数データを取り出す:Excel関数の技.

指定した条件に一致するセルに入力されている値を取り出す、DGET関数の使い方を解説します。 コンパクトなのに全部入り! Office 365 & Excel 2019にも対応した全484関数を収録。いつも手元に置いておけるExcel関数解説書の