どんな色ともよく馴染む、トレンドのインテリアカラー。それがグレーです。 甘すぎず、シックすぎず。あたたかく優しい色なので人気の北欧インテリアとも相性バツグン。 この記事では『グレーラグと北欧インテリア』についてご紹介します。

色を選ぶ際にはカーペット単独で考えるのではなく、壁紙や家具、カーテンの色とのバランスを考えて決めるのがコツです。 タイルカーペットを利用すれば2色以上を使った模様も簡単に作れるので、より個性的な部屋を演出するのにも役立ちます。 またカーテンのレースあわせて選ばれたストライプ柄のカーペットで、統一感がありながらも部屋にリズムが生まれます。白やベージュ系の同系色でカーテンとカーペットを選ぶ際は、単調にならないように色のある椅子等を置くとアクセントができます。 なぜラグ・カーペット選びで色とサイズが大事なのでしょうか? カーテンも同じですが、目に入る面積が大きいほど部屋のイメージを決定させ、その中でも窓を覆うカーテンと床を覆うラグ・カーペットが大きく面積を占めます。 ワンルームの部屋を考えてみましょう。

ラグとカーテンの失敗しにくい選び方とコーディネート。インテリアカラーの基礎知識を元にした6つの組み合わせと共にラグ&カーテンの色の選び方、組み合わせ方を同じリビングを使ってカラーシミュレーション付きで解説。6パターンに分けたコーディネートには参考になる33個の実例も。 カーテンの選び方には性能で選ぶ選び方と、色や柄から選ぶ選び方があります。その“色に関するちょっとした知識”を身につければ色選びに迷うことはありません。 ラグとカーペットの違いの解説。同じ色のラグとカーペットを敷いた時のインテリアの印象の違いを78事例掲載し比較しています。ラグにするかカーペットにするか迷った時の大きさ選びの参考にも。