全国で約123万世帯にものぼるシングルマザー世帯。母子家庭の平均年収は全世帯平均年収を大きく下回り、子供たちを巻き込んで貧困状態にあえぐこととなる。なぜ貧困から生まれる負の連鎖から抜け出せ … シングルマザーの家庭の貧困率が50%を超えている日本。様々な支援策も用意されていますが、なかなか貧困から抜け出せないという現実があります。今回はシングルマザーと貧困の関係をテーマに、貧困率が高い理由や生活の実態、子どもへの影響などを紹介して

シングルマザーとシングルファーザーの家庭では、前者の方が貧困率が高い傾向にあります。 「女性が働ける場が少ないからだ」という意見もありますが、先に紹介した厚労省の調査では 母子世帯の就業状況は81.8%、父子世帯では85.4% となっています。 シングルマザーの貧困率は80%を越えています。その原因はなぜでしょうか。日本の母子家庭における福祉制度や雇用制度にも原因はあります。母子家庭の貧困から抜け出すには具体的にいつ、何をしたらいいのか、筆者の体験とともにまとめています。 シングルマザーの貧困は、社会問題にもなっています。本記事では、シングルマザーがなぜ貧困になってしまうのか、その原因について分析し、母子家庭が抱える問題を解決する方法について考えてみた …