実は、先日スーツを買おうと思ったのですが、袖が長くて詰める必要がありました。 しかし本切羽になっており、店員さんに聞くと『うちでは無理です。専門のリフォーム屋さんに 聞いてみれば・・・。』との事でした。 本切羽になっ・・・ 以前はお直しの簡単さからあきみせの袖が大半であったメンズジャケットですが スーツの袖にはボタンがついていますが、既製品のスーツですと飾りボタンとなっていて開け閉めできないスーツが多いですよね。でも、「本切羽(ほんせっぱ)」と呼ばれる仕立てをすれば、スーツの袖ボタンを開けたり、留めたりすることができます。 マジックミシンのお直しサービス&料金。スーツやコートなど、洋服のお直しサービスから、衣装・ペット服のオーダー、バッグ修理・クレンジング&ケアなど、お直しのプロが丁寧に対応いたします。ぜひお気軽にご相談ください。 スーツの袖の仕様に「本切羽本開き」という仕様があります。 ・本切羽とは袖口がひらくこと ・本開きとはボタンホールの穴が開いてること 「本切羽」が袖口が開きボタンホールの穴が開いてることと思っている方がいますが、正式には「本切羽本開き」になります。 本切羽とは? 本切羽とは袖丈のボタンが開くように作られていることをいいます。 通常のスーツは「あきみせ」と呼ばれる仕様になっていますが、実際にはボタンを開けられません。 本切羽の袖側1つ、ボタンを外した状態 前 回までに、本切羽(本開き)とは何か、と言うことを考えました。 カンタンに言うと、本切羽とは 「スーツの袖が、袖ボタンによって開閉できる仕様」 です。 2回目の今回は本切羽のメリットを考えてみたいと思います。 洋服お直し工房サルト神宮前店は、新しくfenice closet(フェニーチェクローゼット)に生まれ変わりました。カジュアルから高級サルトリアにまで精通し、豊富な経験と提案力で、皆さまのお洋服を想像以上の仕上りにお直しいたします。

本切羽をつくることができません このようなケースはあきみせにする選択もありますが どうしても本切羽を希望されるのであれば袖山詰めのお修理をプラスして敢行します.