データラベルを表示するとデータの値が表示されますがデータ系列の名前や項目の名前などを組み合わせて表示することもできます。ここではデータラベルに表示される項目を選択する方法について解説し … 「データラベル」タブで「系列名」にチェックを入れる。最後に完了ボタンを押せば、点の横に製品名が入る。 どうしても元の表に変更を加えたくない、という場合には少々手間がかかるが別の方法がある。 タイトルや説明文だけの活用なんて意味がない。ラベル名を自由に変更できるようにセルの値とリンクさせると、100個あってもまとめて一括表示も簡単ですよ。もちろんプロパティからも設定できます。 データラベルの書式設定で「セルの値」が表示される場合はここから設定ができます。 ところが、データラベルの書式設定で「セルの値」が表示されないケースがあ … グラフを作成した時に、0の数値の場合、表示させたくない。 データラベルの書式設定で設定します。 データラベルの書式設定ダイアログボックスを開きます。 カテゴリはユーザー設定を選択。 表示形式に、#,0;-#; と入力し、追加ボタンをクリックします。

より多くのデータを表示させるデータ系列またはデータ ラベルを右クリックし、[データ ラベルの書式設定] をクリックします。[ラベル オプション] をクリックし、[ラベルの内容] から目的のオプションを選びます。セルの値をデータラベルとして使用する ラベルには「値」が表示されています。 ラベルオプションのレベル内容で「セルの値」にチェックを入れます。 データラベル範囲が表示されます。 データラベル範囲の選択でラベルに表示するセル範囲を指定します。ここでは d4:d9セルを指定しました。 データラベルへセル値を参照する Topへ. データ ラベルの外観を変更する.