こちらがグリーン車の客室です。 2-2の座席配置となっています。 こちらがグリーン車の座席です。 正直に言うと普通車とあまり変わりませんよね笑.

(ワイドビュー)ひだの座席配置図. グリーン車の位置は車両編成によって異なります。 また列車によって3列シートと4列シートの列車があります。 名古屋方の先頭車である10号車にグリーン車がある列車は3列シートです。 グレーのシートが並びます。 特急ひだの車内 キハ85系 グリーン車. ※座席配置図は、新幹線の先頭車及びグリーン車、寝台車、先頭車がパノラマタイプの昼行特急のグリーン車等の主な例です。 ワイドビュー南紀号と言われているだけあって窓はかなり大きめにとられています。
383系ワイドビューしなのの先頭グリーン車最前列の予約が取れたのですが、残念ながら運転席後ろの1番ab席。むしろ偶数番席の方が良かったかも?!最前席を狙っている人はぜひ気を付けていただきたい点をレビューします。

富山行きは10号車のグリーン車、高山行きは4号車((ワイドビュー)ひだ5・16号は8号車、多客期は増結による号車変更がある)の普通車指定席が先頭です。グリーン車は1列目のABC席、普通車は1列目のABCD席が最前列の特等席になります。 【jr東海】特急ワイドビュー南紀(キハ85系)グリーン車の座席表(座席配置図)とグリーン車の特徴の記事。jr特急列車や北陸新幹線ほか新幹線、JR快速・普通列車、私鉄など鉄道をつかった「列車の旅行」をテーマにしたブログ。停車駅、座席、時刻表、沿線の観光、駅弁、駅そば、駅舎他。 特急ひだのグリーン車には、3列シートと4列シートがあるようですが、「特急ひだ」で検索しても座席表を案内をしてくれる親切なページがでてきません(調べ方が悪いかも)、下りのひだ11号2号車・上りのひだ14号6号車はどうなんで

特急「(ワイドビュー)ひだ」の旅を楽しむには、発駅からの往復に特急列車の普通車指定席が利用でき、高山本線下呂~飛騨古川間が乗り降り自由のフリー区間となる「飛騨路フリーきっぷ」(名古屋市内から11,800円・3日間有効)がおトクだ。