最終更新日:2019年6月25日 年末調整は会社の総務や経理担当者にとって、1年のうちで最も慌ただしくなるのは、年末の時期ではないでしょうか。年末には各従業員の年末調整を行わなければならないため … 逆に言うと、「年末調整しなくてよい人」は、他の会社で「年末調整」してもらわない限り、ご自身で確定申告をしなければいけません。 2. 年末調整の書類の書き方としては間違っていないのですが、「会社に副業をばれないように年末調整を済ませたい」のであれば最大の難関になります。まぁ扶養控除申告書の所得見積額にゼロと書いて誤魔化す方法もなくはないですが、バレる可能性もあるのであまりおすすめしません。 会社を設立してしばらくして11月中旬頃になると、税務署からこのような郵便物が送られてくると思います。中身を見てみると、年末調整ための書類がぎっしりと詰まっていて、その書類の量に驚いてしまいますよね。ここで知っておいてほしいことは、ひとり社長 年末調整の対象となる人、対象とならない人を、具体的な 会社は年末調整後、源泉徴収票に給与や給与所得控除、社会保険料、生命保険料などの人的・および物的控除の金額、最終決定した所得税額を記し、(転職者を含む)社員に交付します。 年末調整の対象となるケース・ならないケース. 会社の役員も年末調整をします。 会社からの受取家賃があって、確定申告するからでしょう。 年末調整して家賃の分を確定申告というのが一般的で「年末調整の対象となる人」に該当するので、本来はしたほうがいいのですが、