会費の消費税課否判定会費の消費税の課否は、支払う会費とその支払先から受ける役務の提供等との間に明白な対価性があるかどうかによって、判定します。資産の譲渡や役務の提供等を受け、明らかな対価関係がある場合、その会費は課税取引であり、仕入税額控除 お買物で駐車場が無料になる理屈と間違った税金対策の意外な共通点 2017年4月28日. はじめに 事業をしていると、同業者団体や組合などに入会金・会費・組合費などを支払わざるを得ないケースが出てくると思います。 それらについて、消費税の計算上どのような取り扱いをするかは、その団体から受ける「役務の提供」等と「会費・組合費」等と 消費税の課税対象にならない主な必要経費をまとめました。租税公課、給与賃金、社会保険料、海外に払ったお金、各種の保険料、利子割引料などは、消費税の課税対象になりません。なので、これらの出費があった場合には消費税区分「非課税」あるいは「不課税」で帳簿づけします。 美容室・飲食店の内装工事は固定資産税の申告が必要という事実 2015年5月28日. 中間申告による消費税、確定申告による消費税を支払った場合の仕訳と勘定科目。消費税納税の仕訳は税込経理・税抜経理のいずれを採用しているかで仕訳処理が異なります。 勘定科目別に見た注意すべき取引(諸会費) 諸会費の消費税の留意点は以下の通りです。 (1) 同業者団体へ通常会費を支払った場合 明確な対価関係がないため 消費税は課税されません。 (諸会費) 10,000 / (現金) 10,000 勘定科目は交際費?諸会費? ... 国税の予納申出書で、決算で消費税の納税に対応する方法 2015年12月9日. いろいろな会費の費用の勘定科目を知りたいです。例えば、建設業で・建設業協会や建築士会・労働基準協会、安全基準協会・社会保険協会・地域(区)の法人会・業界などの有志で作っている会使っている科目は組合費、交際費、雑費くらいで