個人タクシー試験の事前試験とはなんでしょうか? タクシー、ハイヤーの経験が10年以上ある方は、譲渡譲受がなくても 個人タクシー試験を受けることができます。(事前試験合格後2年間有効) 例.

事前試験制度 ; 平成28年11月12日受験 合格者 ... 一般社団法人東京都個人タクシー協会(以下「都個協」という。) ... ・タクシー会社を退職してしまい、離職期間の合計が基準を超過し、地理試験免除要件に抵 …

事前試験と申請後試験があります。 事前試験は許可申請等をする前に受験して合格証を得て2年以内に申請するもので、申請後試験は許可申請等の後に受験するものです。 いずれも法令試験と地理試験があり、それらに合格する必要があります。
皆さんは個人タクシーという職業を知っていますか。この記事では個人タクシーと法人タクシーの違いから、個人タクシーのメリット・デメリットを紹介します。気になる年収はいったいいくらなのでしょうか。そして個人タクシー独立開業のメリットも紹介します。 そして来月13日が「本試験」 定年を迎えてからも安定した収入を得られるために個人タクシー開業を目指してタクシー会社に転職しようと考えています。10年間必死に頑張って条件をクリアーすれば60歳で開業ができてその後は自由に仕事が出来るのではと考えています 開業する唯一の方法は 引退する個人タクシー事業者の権利を買う (譲渡譲受)しかありません。 しかもいつ引退するか分からないので「個人タクシー試験」に合格しても譲渡が出ない限り開業できません。譲渡待ちで1年以上かかったという話も聞きます。 令和元年度!全3回「個人タクシー試験」合格率と受験対策(関東運輸局) 個人タクシー開業!運転経歴10年について詳しく解説!【経験年数】 法人タクシー運転手さんに贈る!交通違反の切符を切られな … あとは「全国個人タクシー協会・関東支部」主催の最終模擬試験が今月28日 「所属支部」のラスト勉強会が来月4日. ※ 事前試験制度の他に、従前の「申請後試験」制度も残りました。試験実施月 は事前試験と同時ですが、申請は試験実施月の前々月の末日までです。 ※ 以上がおおまかな流れですが、実際の手続きの進行は担当者と連絡を密に 個人タクシー事業とは、運転手自らが経営者となって展開するタクシー事業(一般乗用旅客自動車運送事業)のことで、正式には1人1車制個人タクシー事業と呼びます。今回は、個人タクシー事業の開業をお考えの「将来の経営者」向けに、開業のために必要な許可や要件をお伝えします。 このページでは、組合員になるための必要な資格・条件や事業者としての申請の概要などをご紹介しています。 また当組合が行っている「個人タクシー経営者学校」についてもご案内。国家試験の学習サポートや、運転手として必要な教養知識を身につけていただけます。 所属組合本部「東京都個人タクシー協同組合」主催の「統一模擬試験」が来月6日. 一般社団法人 東京都個人タクシー協会 〒170-0005 東京都豊島区南大塚1-2-12 日個連会館5階 TEL:03-3947-1461(代表) FAX:03-3947-9167 申請月と試験日 ・平成27年度より個人タクシー試験は年3回に変更になります。 1月申請、3月試験 法令試験(地理試験免除者)のみの申請。 5月申請、7月試験 法令試験(地理試験免除者)のみの申請。