嵐は18時頃に舞台に登場し、この日のために作られた奉祝曲「Ray of Water」の第三楽章「Journey to Harmony」を歌唱しました。 「Ray of Water」は3部構成・約13分の組曲で、天皇陛下の長年の研究分野である「水」がテーマとなっています。 2019年11月9日、皇居前広場で行われた『天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典』で、国民的アイドルの嵐が奉祝曲を歌いあげました。 奉祝曲のタイトルは『Ray of Water』 日本語で「水の光線」を意味するこの曲は、天皇陛下の長年の研究分野である「水」をテーマとした3部構成で約13分の組曲です。 2019年11月9日に行われた「天皇陛下式典」で嵐が奉祝曲として組曲「Ray of Water」の第三楽章「Journey to Harmony」を歌い、話題になりました。嵐の奉祝曲「Ray of Water」はいつ発売されるので … 2019年11月9日(土)国民的アイドルグループ嵐が、天皇陛下の即位の祝賀式典で奉祝曲を披露しました。嵐が歌い上げる「Ray of Water」の第3楽章Journey to Harmonyに雅子さまが涙を拭う場面も。 嵐「Ray of Water」奉祝曲「Journey to Harmony」」披露 『Ray of 考察および解説していきたいと思います。 「Ray of Water(レイ オブ ウォーター)」 国民祭典で「嵐」が歌唱した 「Journey to Harmony 読み方:ジャーニィ トゥ ハーモニー」 について、歌詞の意味を徹底的に.