開業前に支払った会社設立のための支出や開業準備などの支出は、経費にできることをご存知でしょうか。 「創立費」「開業費」として経費にでき、会計処理の仕方によっては節税できることも。専門家の先生に詳しく教えていただきました。 2.不動産屋さんへの仲介手数料 開業費で結構です。 3.前払家賃 前払家賃はあくまでも前払家賃です。該当月で支払家賃に振り替えます。但し、家賃については継続して支払月に家賃として計上していて、前払処理をしていないならば クレジットカード決済の導入はネットショップ・ECサイトに不可欠です。決済代行会社を使ったカンタンな導入方法と、費用を比較するうえでのポイントを詳しく解説します。初めての方は、手続きの流れや費用に納得したうえでクレジットカード決済サービスを導入しましょう。 またその際、証券会社に引受手数料¥50,000を現金で支払った。(語群:現金・当座預金・資本金・資本準備金・利益準備金・支払手数料・創立費・開業費・株式交付費) 創立費・開業費は、会計と税務でそれぞれ定義されています。その費用の範囲については大きな違いはありませんが、処理の仕方はそれぞれ違います。会社の置かれた状況により処理方法を選択することになります。 事業を行うために使用した費用は、経費にすることで節税ができます。しかし、例えば同じ品物を買った場合でも経費として認められる場合と認められない場合があります。そこで今回は、個人事業主なら必ず押さえておきたい20個の経費と、注意点を一覧にしてまとめました。