ととても似たような特徴を持ち合わせているようにみえますよね! しかし、和文書体でいう「ゴシック体」は、欧文書体では「ブラックレターゴシック体」のことを. 指すそうですよ! 『フォント』について 今回通常の明朝体と「教科書体」で比較してみました。 こうやって並べてみると、文字の懐・大きさが明朝は幅いっぱいに作られているのに対して、教科書体は余裕がある作り(小さめ)に見えます。 また,活字にもそのデザインの違いによって明朝体,ゴシック体,教科書体などの書体がある。 (例)楷書は一点一画を明瞭に書く書体です。 書風: 書く人,用具,時・場所などの違いで独自の趣や個性をもっている文字に対して用いる。 同じフォント(明朝体)であっても文字の太さの違いなどで大きく印象が異なることが注目点です。 おもに明朝体の「さ」を載せていますが主観的な印象として教科書体の文字も似ていると感じたため一緒に紹介しています。

ゴシック体と明朝体の違いはこうです。 まず、縦も横も線の太さが均一なのがゴシック体です。 視認性が高いため、標識の文字などに利用されることが多く、現在、高速道路の標識に利用されているのも「ヒラギノ角ゴシック体W5」というフォントです。 こうして比較すると、ゴシック体と明朝体はけっこうデフォルメされてるのが分かります。 ”心”の点の位置や”道”のしんにょうは、手書きの文字とはかなり違いますね。 対して、 教科書体は文字本来の形や画数を素直に表現したフォントと言えます 。

フォントの基本的な種類を紹介しつつ、参考書やテキストに最適なフォントについて考えます。ゴシック体は読みやすく、どんなデザインとも合わせやすいフォントです。小さいサイズでも読みやすいので、本文は明朝体にして、注釈にゴシック体が使われることもあります。 明朝体=セリフ体、ゴシック体=サンセリフ体.