水曜どうでしょうの中で、初めて見たのが「アメリカ横断」でした。本当にこんなこと可能なの⁉︎ こんな無茶苦茶な旅なんて信じられない!と驚いていましたが、なんと昨年は自分がアメリカ横断をしてしまいましたからね。 水曜どうでしょうファン「アメリカ合衆国横断ってどんなんだったっけ?面白い名言あったけど思い出せないな~」そういった疑問に答えます。この記事では水曜どうでしょうの人気企画の一つである「アメリカ合衆国横断」の名言をまとめてあります。ぜひご覧くだ アメリカ合衆国横断 第15弾 [dvd] 第15弾 中古 水曜どうでしょう 良品 良品,ニチネン 遠赤無煙グリルufo-s ccm-102(1台)[キッチン用品 その他]【送料無料】,筋引包丁 270mm 筋引き 藤次郎作 モリブデンバナジウム鋼 ステンレス 9寸 エラストマー樹脂柄 ホワイト
アメリカ横断のきっかけとなった「水曜どうでしょう」のゴールであったワシントンDCまでは2,685マイル(4,296キロ)。 旧ルート66の始点であるシカゴ迄は2,032マイル(3,251キロ)。 ちなみに北海道の稚内から鹿児島の佐多岬までは1,714マイル(2,742キロ)。

「腹を割って話そう」「パイ食わねえか」など名言・名企画で知られる水曜どうでしょうの名言を紹介します。「水曜どうでしょう」は低予算ながら、数ヶ月分の番組予算をまとめて一度の旅行に投入することでアメリカ横断やベトナム縦断などの大規模な企画を実現しています。 「水曜どうでしょう 」は1996年に放送が開始された 北海道テレビ放送(htb)制作のローカルバラエティ です。 タイトルどおり毎週水曜に30分枠で放送されており、 深夜番組にも関わらず視聴率15%前後を維持し続ける など、すさまじい人気をほこった「 おばけ番組 」として知られています。

ネタバレせずに水曜どうでしょう「アメリカ合衆国横断」の魅力を語ってみました! ネタバレせずに水曜どうでしょう「オーストラリア大陸縦断3,700キロ」の魅力を語ってみました!