消費税法基本通達9-1-1、9-1-2; Case 2. 徴徴1-10 揮発油税法基本通達 (ii)878. 収益認識基準を検収基準で行っている会社で、2014年3月31日に出荷した商品が相手方に4月2日に検収された場合の商品に係る消費税率はどうなるか。 検収基準による売上は4月2日となるため新税率(8%)を適用する。 Case 3 3 法人税法22条の規定内容 【第6回】 子会社支援のための無償取引②.

法人税における家賃収入の計上時期は、消費税法基本通達9-1-20と同様の定めとなっていることから、令和元年9月決算法人が決算月である9月に収入した10月分の家賃は前受収益として計上し、翌事業年度の益金の額に算入することになります。 ① 判決の概要. ③ 原告側の主張. ④ 裁判所の判断 5-1-9 事業者が行うリース取引が、当該リース取引の目的となる資産の譲渡若しくは貸付け又は金銭の貸付けのいずれに該当するかは、所得税又は法人税の課税所得の計算における取扱いの例により判定するものとし、この場合には、次のことに留意する。 。(平20課消1-8により 1 法人税基本通達9-4-1. (3)国内支店への転勤者に支給する支度金については、その支度金が所得税法基本通達9-3《非課税とされる旅費の範囲》に定められた非課税とされる移転料に当たるものの場合には課税仕入れに該当しますから、仕入税額控除の対象となります。 4 清水惣事件 (1) 第1審・大津地裁昭和47年12月13日判決. 消費税基本通達ってなんですか?法令ですか? 法令ではありません。国税庁長官から各国税局長・職員への内部的命令のために発する公文書です。「法令解釈通達」という位置づけなので、実務的に強い拘 … ② 被告側の主張. 4・7間消1-36 官会1-31 徴管1-7 ... 間酒1-20 間消1-33 仮登記担保契約に関する法律の制定に伴う滞納処分の取扱いについて ... 査調4-3 消費税法基本通達 (ii)504. 9-1-20 資産の賃貸借契約に基づいて支払を受ける使用料等の額(前受けに係る額を除く。)を対価とする資産の譲渡等の時期は、当該契約又は慣習によりその支払を受けるべき日とする。
消費税法基本通達9-1-20 したがって、契約や慣習によって家賃の支払いを受けるべき日に取引があったものとされます。 10月分の家賃について9月中に支払った場合は、その支払った日が資産の譲渡等の時期となります。 2 法人税基本通達9-4-2.

また、消費税基本通達9-6-2「資産の譲渡等の時期の別段の定め」では以下の通り述べられていますが、「消費税の本質からすると、収益認識会計基準がすべからく同通達によって認容されるとは言い難いようだ。」とされています。