注射は、肺炎球菌ワクチン。 国から助成金が出ていて、平成31年まで5年に一回定期接種でき 年齢も65、70、75~というように5歳毎と決まっています。 母親がワクチンを接種した夜のこと 急に注射を打ったところが痛いと言い出しました。 【小児科医が解説】肺炎球菌ワクチンは子供の髄膜炎予防に有効です。2010年に発売され、2013年4月には定期接種になりました。肺炎球菌ワクチンの接種時期や空けるべき間隔、副作用や費用などの基本情報を解説します。 肺炎球菌ワクチンは皮下もしくは筋肉内に注射をする方法で接種されます。 この効果は約5年と言われており、接種日から5年が経過すれば再接種することが出来ます。 23価肺炎球菌ワクチンの場合、2回⽬、3 回 ... 5年以内に23価肺炎球菌ワクチンの再接種を⾏うと、注射部位の痛みなどが強く出る恐れがあります。 再接種を希望される場合は、お医者さんにご相談ください。 肺炎について、よりくわしく知りたい方へ. 肺炎球菌は約90種類ありますが、そのうち成人の肺炎の原因となることが多い23種類に対して有効なワクチンを日本では使用しています。このワクチンは、わが国で流行している肺炎球菌による肺炎の80%をカバーすると言われています。 肺炎球菌ワクチンを受けない場合に発生する影響等について 「肺炎球菌ワクチン」は喘息の人でも問題ないの?? 「肺炎球菌ワクチン」の接種で腕が痛いのってなんでなの!? 「肺炎球菌ワクチン」で起こる副反応っ赤い腫れってなぜ起こるの?