会社の規定によっては、試用期間中の給料は正式雇用後よりも低い場合があります。 もちろん法律では「地域で定められている最低賃金を下回らないこと」が条件となっていますので「いくらでもよい」ということではありません。 応募時に試用期間のときの給与についてはしっかりと確認し� お金をかけてどうにか採用できたけれど、期待したほど仕事はできない。 もう少し給与を安くすればよかった。 もしくは今後、試用期間中は給与を減らしたい。 今回は、試用期間中に給与は減額できるのか、試用期間の一般的な期間設定などをお伝えします。 なお、試用期間中の給与が、「試用」であることから、本採用後の給与よりも低いというケースは、採用面接の段階でそのように賃金額を説明して労働者も同意し、最低賃金を下回らない限り、違法とはなりません。 2.3.

前職よりも低い; 生活に支障が出るレベル . といった話をされる場合もあるかと思いますが、この場合には試用期間満了の少し前に話をしても構いません。 試用期間中の給与が . 試用期間は低い給与額を示される ; 評価によって試用期間後に再評価し、それで給与を決める . 正社員の試用期間中の給料の質問。職安で聞いて少し驚いた事があります。求人票で試用期間中の労働条件で時給 円となった場合は、働いた分しか給料はもらえない。ところが労働条件変更なしの場合は、試用期間中であろうと正社員の給料のまま賃金が貰えるとは本当ですか?