愛車を少しでも長く使いたいと考える人は多いですが、車は消耗品で使うごとに少しずつ劣化します。車の劣化具合を示す指標のひとつに走行距離があり、10万キロを目安に買い替える人は多いです。しかし、10万キロ走ったからといって、すぐに故障するわけで 40万キロ走行した車のメンテナンス履歴を紹介 2018/8/11 2018/8/11 日記・戯言 タクシーなどを整備する工場ではないので、今まで遭遇した中ではこの車が一番距離を走っている車でした。 8万キロとか10万キロとか走ってるのはまだまだ乗れるのでしょうか?軽四です。長く乗るなら高くても最近のクルマを買ったほうが良いですか?燃費が良い軽四ってミライーストとかですか?営業車でも使われているみたいですし。ミラトコッ 今ドキのクルマは通常メンテでも30万kmは問題なし!その昔は10年・10万kmが、クルマの寿命の目安とされていた。1990年ぐらいまでだろうか。実際、そのあたりになると、ボディはガタガタ、ビシビシいうし、エンジンもパワーがなくなってきたりし… 13万8千キロ走ったh14年式ヴォクシーを購入します。 正直、10万キロ越えの中古車を買うつもりではなかったのですが、実車を見たところかなりきれいだったのと、最近の車はメンテナンスさえキチンと していればまだまだ走れるとのことだったので購入することにしました。 一般的には年間走行8千キロを超えると車の劣化が早まるといわれています。年間走行距離が1万キロを超える車は過走行車と呼ばれ、走行距離がそれ以下の車よりも丁寧なメンテナンスが必要です。 ここでは、過走行車に必要なメンテナンス方法について紹介します。 そしてメンテナンスノートや記録簿は、基本的に車検証入れの中で保管されていることが多いため、販売店の担当者に確認してチェックすると交換した日時を知ることができる。 ちなみにエンジンオイル交換の目安としては、最低でも. 10万キロオーバーからの メンテナンス . 車を所有している人、これから車を購入しようとしている人が事前に知っておきたい走行していく程劣化していき交換が必要な部品について実際に日々整備に関わっているベテラン整備士の意見を聞いてきました! 貴重な現場の声を元にしている情報になりますので、かなり良い情報になります。

10年10万キロ以上の低年式・過走行車に必要となってくるメンテナンス・整備。車に関することなら何でも気軽に聞ける掲示板も好評。 現代の車は10万キロ以上は楽に走ります. 愛車を少しでも長く使いたいと考える人は多いですが、車は消耗品で使うごとに少しずつ劣化します。車の劣化具合を示す指標のひとつに走行距離があり、10万キロを目安に買い替える人は多いです。しかし、10万キロ走ったからといって、すぐに故障するわけで