金魚が病気にかからないように、環境を整えてやるのが一番なのですが、不幸にして病気にかかってしまうこともあります。そんなときも、病気が本格的になる前に気が付けば、治療もスムーズに進みます。 病気によっては、さらに薬浴が必要になることもあります。 金魚の病気のほとんどは水質の悪化で起こります。特に春先は水がいたんで病気になることが多く、まめに水換えする必要があります。 「金魚の病気」で検索すると、いっぱいヒットします。 金魚が動かない・・・と思ったら病気の可能性も! 動かない原因は何なのか?観察すべき3つのポイントから考えられる7つの病気をピックアップ。 早期発見で治してあげよう! 元気だった金魚が、ある日ひっくり返っていたり、横倒しになって浮いているのを初めて見た方は驚いてしまうかもしれません。 これは転覆病といい、金魚飼育初心者のころはよく目にする金魚の病気のひとつです。 ランチュウやピンポンパ … 病気の前兆を見逃さない.

上下の泳ぎを繰り返したり、水面から跳ね上がったりを繰り返す。 以上のような代表的な変調が見られる時は金魚の病気を疑って下さい。いつもと違う状況に気づくためにも日々の水槽の観察を欠かさず行いましょう。 金魚が元気がない原因を考える

金魚さんのお腹が膨れる、仰向けになってそのままプカプカ水面に浮く・・・こんな症状が見られるときは、「転覆病」になってしまった可能性があります。転覆病は、これから寒くなるとき気をつけなければならない金魚さんの病気のひとつです。でも、治療は意外 金魚の病気で水カビ病というものがあります。(もちろん金魚だけではなくメダカでも熱帯魚でも魚類ならほかの魚も感染します)これは金魚がかかる病気の中でも比較的よく感染する病気だと思います。ただ、そんな水カビ病も治療方法や原因などを