子宮体がん検診. 子宮がん. 自治体が子宮頸がん検診の無料クーポンを配布し受診率をあげようとしても、子宮頸がん検診の受診率は20%強でしかありません。 まして20代前半では10%程度です。 子宮頸がんは若い女性が罹りやすいがんのため、20歳から受診可能となっています。 40・50・60・70歳になる方. 40・45・50・55・60・65・70歳になる女性. 骨粗しょう症検診のページへ. 乳がん検診のページへ. 20歳以上の女性. (4)子宮頸がん検診(単独受診) 問診・子宮細胞診(スメア方式)による子宮頸がん検査を行います。 対象者は、20~38歳の 偶数年齢 の女性で受診を希望する方。 ※36歳~38歳の方で一般健診を受けられる方は一般健診と併せて受診することもできます。 閉経前後に増えてくる子宮の奥の癌を、内膜細胞をとって調べます。40歳以上で、ホルモン療法をしている人・肥満の人・出産をしたことがない人・月経不順の人は受けておいた方がいい検診 … 近年、20代~30代の若い女性の間で、子宮頸がんが増加しています。子宮頸がんは婦人科で定期的に子宮がん検診を受けていれば早期に発見でき、治療で完治できる病気です。そこで今回は、子宮がん検診について、その方法や費用、痛みや出血はあるのか、検査結果の見方などをご説明します。 *子宮がん検診の結果* | 25歳ちんの日々 白血病との長期戦〜今の医療技術じゃ治せないと言われた私〜 新型コロナウイルスに関する情報について ホーム ピグ アメブロ 歯周病. 乳がん. 40歳以上の女性. 歯周病検診のページへ. 子宮頸がん検診 【対象者】 平成12年4月1日 までに生まれた女性 (令和2年4月1日現在、20歳以上の女性) 【検査内容】問診・視診・内診・子宮細胞診検査(子宮細胞診検査とは、子宮頸部(子宮の入り口)の細胞を採取し、がん細胞などの異常がないか調べる検査です。 子宮がん検診のページへ.