レコードセットが更新可能かどうかを調べる方法 新しいレコードを追加する方法 Access ダイナセット (矛盾を許す) の設定のクエリーを基にしたフォームでは、 入力・更新できないのでしょうか? レコードセットがダイナセットの場合は反映されます。 Accessの場合、選択クエリでレコードセットにスナップショットを指定しても他のテーブル作成クエリ等に変更した時点で自動的にダイナセットに変更されるはずです。

初期設定では[レコードセット]プロパティに[ダイナセット]が設定されており、その場合、編集は禁止されません。 関連まとめ記事 Accessのクエリ データ抽出・集計に必要な解説まとめ VBAを使用してQueryDefのレコードセットタイプを設定する (1) デザインビューでクエリを開き、プロパティシートを開き、Recordset Typeプロパティを次の3つの値のいずれかに変更して、Access 2002で選択クエリのRecordset Typeを設定できます。 私はこれについてはわから

DAOで使用するRecordsetついて掲載します。Recordsetとは、テーブルをレコード単位で操作できるオブジェクトです。Recordsetでレコード数やフィールド名などが取得できたり、レコード間を移動することなどができます。Recorsetの種類 テーブルタイプ : テーブルのレコード。 レコードセットは取得したデータの集まりで、既定では追加・変更・削除が可能な「ダイナセット」になっています。これを変更不可の「スナップショット」にすることで、データの変更をできなくすることができるわけです。 1→ダイナセット(矛盾を許す):すべてのレコードを編集することができます。 2→スナップショット:レコードを編集することはできません。結果的に、フォームを読み取り専用で開いたときと同じ効果となります。 フォーム