水槽に付けているエアーポンプの吐出量が少なくなってきたり、音が急におおきくなり不調を感じることはありませんか? その場合はエアーポンプの寿命だと考えるべきなのでしょうか。 実はエアーポンプをメンテナンスし部品を交換することで、以 エアーポンプは24時間フル稼働が基本になります。 エアーポンプの場合、一度稼働させると24時間フル稼働させることが基本になりますので、夜間のみにエアーを発生させるなど、余程特殊な使い方をしない限りは、常に電源が通電してる状態であり、水槽内にエアーを送り続けます。

メダカを稚魚から育てています。かなり大きくなってきたので新しい水槽を購入しました。(最初の記事はこちら→メダカの引越し その1) セットアップして1週間になりますが、当初から疑問だったのは水槽に付属してたフィルターがあれば、エアーポンプは必要ないのか? エアーポンプ(小型水槽) まずメダカが死んでしまうで、まず考えるのが「やはりメダカにもブクブクは必要?」 正直メダカにも酸素が必要です。これは「水作り」にも同じことが言えます. 水槽用ポンプは大きくうるさいという人もいますが、最近は小型化・静音タイプのものが主流で省電力タイプのものが増えているので電気代もひと昔前よりはかからず掃除しやすいものが多いです。今回は水槽用ポンプの選び方とおすすめのポンプを10種類、ご紹介していきます。

エアーポンプの本体のみを購入することにしました。 同じgexの商品でポンプとフィルターセットで1,000円ほどのもありました。 しかし、フィルターはあるし、すぐ壊れたので他のを選びました。 水槽の壁面につけるタイプは場所をとらずによさそうでしたが、 それではまず一般的な水槽で使われるタイプのエアーポンプの紹介からいってみましょう。(※全てのエアーポンプを試したというわけではありませんのでリンク先のレビューなども参考にしてご購入を決めて下さい) エアーポンプ 水作 水心 シリーズ

エアレーションには、エアーポンプとエアストーンが必要です。エアーストーンは細かい泡が出た方が良い。エアーポンプは静か、かつ、パワフルなものが良いですよね?今回は、エアーポンプについて考えたいと思います。エアーポンプの取り扱いについて今回は、

メダカが死んでしまう原因.